バッグの中で行方不明にならないエコバックの収納法

使いたいときにすぐエコバック

エコバックはもはや必須アイテム

お買い物は、外出した先でついでに行うことが圧倒的に多いです。 仕事用、遊び用、スポーツジムなど、定期的に通うところがあったりすると、それぞれでバッグを持ち替えていることも多いはず。 複数のバッグを使い分けていれば、エコバッグを入れ忘れてしまうってこともあり得ますよね。

バッグに入れるのを忘れないようにするには

無責任に捨てられたレジ袋やプラスチックごみが海へ流れつき、魚や鳥、ウミガメなどの海洋生物を傷つけたり、死に至らしめてしまっていることが問題視されています。
こういった海洋プラスチックゴミ問題や、地球温暖化の解決を目標として、2020年7月に、全国でレジ袋の有料化が始まりました。
これにより、不必要なレジ袋の削減、ライフスタイルの変革をもたらしました。
今まで買い物するためにバッグを持参する習慣の無かった人たちまで浸透しています。
実際のところ、環境への配慮から行っている、というよりも、今まで無料だったレジ袋にお金を払いたくない、というのが正直なところでしょう。
1枚3円としても、毎日購入していれば、年間で1000円以上余計に支払うことになりますからね。
理由はともあれ、レジ袋を無駄に消費しないことは、環境保護の第一歩でもあるので、国が断行したレジ袋有料化は成功していると考えてよいのでしょう。
とはいえ、今まで持ち歩くことのなかったエコバックは、つい、その存在を忘れてしまうことも。
それに、小さくたためるエコバックは、バッグの中で行方不明になり、使いたいときに救出できないこともシバシバ。
結局、3円なり5円なりを支払ってレジ袋に入れてもらう始末。
これでは、エコバックの意味がありませんね。
特に、仕事用のバッグ、遊びに行く時のバッグ、スポーツジムに行くときのバッグなど、複数のバッグを使い分けている時には、イチイチ入れ替えていてはもう、どこに入れたかわからなくなってしまうでしょう。
せっかく準備したエコバックを最大限に有効活用できるような収納方法について確認しておきましょう。

バッグの中でエコバッグが見つからないことも

いつも持ち歩くバッグの中人エコバッグを常備しているはずなのに、いざレジに立ったら見つけられない、ってこともあります。 エコバッグは小さく折りたたむことができ、軽いしコンパクトなのは良いのですが、バッグの中にいろいろなものが入っていると、迷子になってしまうことも。

余計な荷物を増やしたくないなら

買い物の旅にエコバッグがない!みつからない!と焦るのにうんざり。 そもそも余計なものを持ち歩きたくない。 そういった方には忘れないための方法を模索しても無駄なこと。 いっそ、普段使いのバッグをそのままエコバッグとしての機能を持たせてしまえば良いのではないでしょうか。